ラポマインの副作用について調べてみました ラポマイン 効果

MENU

ラポマインに副作用の心配はないって本当?~ラポマインの効果

ラポマインの副作用について調べてみましたので、ここでレポートをまとめてみました。あなたが安心してラポマインを使い、その効果を手に入れるためにご活用ください。

 

ラポマインは、ワキガの匂いを無くしたいと悩んでいる方のために開発されたワキガ専用ジェルクリームです。ワキガ予防としての効果が大きいというのであれば、ラポマインを使うことで肌トラブルになったりしないかと心配をされる方もいるのではないでしょうか。

 

そのような方のために、ここでは、ラポマインを使った場合の副作用について紹介します。

 

まず最初に、ラポマインは厚生労働省から医薬部外品としての指定を受けている商品です。厚生労働省が認める医薬品の中には、医薬部外品の他にも第一類医薬品、第二類医薬品などがあります。

 

実はあまり知られていませんが、薬事法で定義されている分類は、別に薬に期待できる効果を表しているのではないのです。

 

薬にどの程度の副作用を生ずる恐れがあるかを示す分類なのです。

 

第一類医薬品であれば、
「その副作用等により日常生活に支障を来たす程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品のうち、特に注意が必要なものや新規の医薬品」にあてはまるもののことです。ですから、第一類医薬品は、薬局や薬店などで薬剤師さんから直接、危険性についての説明を受けた上で購入をしなければなりません。

 

また、医薬部外品については、
「体に対する作用(薬理作用)がおだやかな成分が配合されており、有効成分として成分名を表示したり、効果効能を表示することを認められ」ている医薬品にあてはまるものを指します。

 

ちなみに、医薬部外品としてラポマインが表記することを許されている効果効能はもちろん「ワキガ臭」です。

 

ラポマインは、先に紹介したとおり、医薬部外品ですので、体に副作用を起こす恐れのある成分が使われていないことを国から認められているということになります。

 

もちろん、どのような医薬品や健康器具、健康食品でも、使用感には個人差がありますので、絶対に安全とは言い切れないでしょう。この点は、多くの化粧品でも同じですよね。

 

使用上の注意をよく守り、決められた容量用法で適切に使うこと。自分の肌に合わないと感じた時には、直ちに使用を中止すること。大きなトラブルになりそうだと感じた場合には、皮膚科の専門医やかかりつけのお医者様の指示に従うこと、等々。

 

ですから、ラポマインには副作用の心配はそれほどないけれど、日頃使っている多くの商品と同程度の注意は必要、ということになります。

 

ですが、中には

  • 自分は人一倍、肌が弱く、すぐに薬に負けてしまう
  • アレルギー体質なので、使う物には気を使っている

という方もいることでしょう。

 

そんな方の場合には、ラポマインを購入後、すぐに脇に使うのではなく、足など別の場所でパッチテストをするのがお薦めです。

 

実際にラポマインのお問合せセンターに相談をしてみると、足でパッチテストをするようにすすめてくれました。足で試すのが良い理由としては、二つのメリットが挙げられます。

 

  • 1点目は、足であれば、目立たないため、万が一の場合には、人目につかず、外出をする時などに支障を及ぼさない
  • 2点目は、匂いが消えるかどうかを確認しやすい

ということです。

 

最後にラポマインの使い方について、少し補足しておきます。

 

使うときには、あらかじめ脇の下の汗を綺麗に拭き取っておきましょう。そのあと、脇の下や周辺部に優しく塗り込んでください。ラポマインは1個当たりの量が限られています。心配のあまり、たくさん塗りすぎたり、肌が傷つくほどに激しく塗ってしまう事がないようにしておきましょう。1か所あたり1プッシュくらいが目安です。

 

副作用のおそれの少ないラポマインなら、あなたやご家族のワキガの悩みに効果を発揮し、ワキガ問題の解決に安心してお使いいただけます。